2013年10月31日
平間・野上歯科・ナノブロック

11月1日

前にも投稿していたと思いますが

今ナノブロックにはまっています

以前にレゴブロックにはまっていた時期もありましたが

今はこれです

作るのに30分もかからないので疲れないし,丁度手頃なんです

レゴテクニックの大作になると1週間以上掛るものもあって、完成時の

満足感は格別ですが中々気力も続かないので、手軽な物の方が受け入れやすいの

です

どうです

かわいくて特徴をつかんでいると思いませんか

仕事仲間に話しても仕事の延長線のようで趣味の世界まではどうも

という声もある中で、つくずく私は物を作るのが好きな人間だな

と思います

考えてみればナノブロックもインプラントも手順通りに作っていくところは

そっくりです

歯科の治療が大好きなのは教えられたからではなく生まれつきなのかも

しれませんね

未分類コメント(0) »

2013年10月20日
読書

今月に入ってから立て続けに本を読んでいます。今読んでいるのは河合隼雄著の日本文化のゆくえ、生と死の接点、及び森嶋通夫著のなぜ

日本は没落するかとジュリエットBショア著の浪費するアメリカ人の4冊です。

いずれも岩波現代文庫から出版されています。

私は今まで読書というと推理小説か村上春樹のような現代小説ばかりでした

どちらかというと岩波のような難しいものは素通リしていました。

きっかけはたまたま手に取ったなぜ日本は没落するかという本がとても面白かったからです。

これは今から30年前に書かれた本で当時の日本といえばバブル経済真っ盛りでジャパンアズナンバーワンがもてはやされた

時代でした

ところが今はどうでしょう。

森嶋氏の言っていたことが現実になっています

ここで政治家の批判をするのは止めておきますが日本をどういう国にしたいのかはっきりとしたビジョンもなしに

小手先のことをいくらやったところで没落していく一方だと思います。

明治以降日本はキリスト教を無視して西洋の表面的な文化と科学技術だけを盗み取ったとは

痛烈な解釈ですが思い当たる節はたくさんあります。

人間はどこかでたがをはめていなければいけないのかもしれませんね。

本から学ぶことは多いと改めて思いました。

これからもハウツー本でなく本当に有意義な読書をしていきたいと思います

未分類コメント(0) »

2013年10月13日
平間・野上歯科・今週は

先週はティップエッジ矯正研究会の講演がありました

矯正は最初の診断大切なのは勿論ですが、歯を動かしていくうちに

奥歯のかみ合わせが逆になったり、患者さんが予定していた顎間ゴム

を使ってくれなかったりした場合、予想外の事が起こったりします

歯科治療の中でも特に術者、患者ともにストイックさが要求されます

その代り治療が終了した時の喜びはとても大きなものです

途中は色々な事がありますが一緒にゴールを目指して頑張りましょう

未分類コメント(0) »

 

▲このページのトップへ

カテゴリー

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


無料歯科健診

無料健診しませんか?


診療日・時間

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

野上歯科 アクセスマップ