2014年07月27日
予防

今まで本職の歯科を離れた話題を多く提供してきましたが

これからは本職につながる話題を提供していきたいと思います

予防とは何ぞや?

難しいテーマですが

結局のところ最終的にその人の歯が健康な状態で何本残るか

に尽きると思います

インプラント治療も途中経過を支える手段の一つに過ぎないのです

私がなぜ小児の虫歯をすぐに削ったりしないのかというと

その子の将来の口腔内の状態を予想しているからです

私を含めてフィンランド予防歯科研究会に所属して

現地の予防をつぶさに見たものは日本との違いに愕然としました

そして長期的に患者さんの口腔内を見ていく大切さを

身をもって体験しました

現地へ行かなければ絶対に解らなかった

私にとってはその後の人生を変えてしまうほどの衝撃がありました

今でも昨日の事のように全部覚えています

ところが日本の大多数の歯科医院では虫歯の早期治療が絶対であると信じられています

その結果日本人の口の中は銀色のパラジウム合金だらけになってしまいました

それがよいはずがありません

銀歯はいずれ再治療となり

いつかは必ず入れ歯を入れる事になります

逆に歯周病治療は早期であればあるほど予後がよいのです

そこを勘違いしないでいただきたい

長くなりましたが

これからは症例写真を含めて

具体的なお話しをしていきたいと思います

未分類コメント(0) »

2014年07月20日
ナノブロック

買い物のついでにふらっとラゾーナのビッグカメラをのぞいたら

ナノブロックの新製品が出ていました

何と男の子なら誰でも1度は図鑑で見たり

フィギュアモデルを手にした事のあるはずの

恐竜シリーズ

早速購入して作ってみました

多少、物足りなさもありますが購入する人の年齢幅を考えると

丁度良いのかなとも思います

余りに複雑で大きくなると飾る場所にも困りますしね

中々特徴をつかんでいると思いませんか?

大の大人がきっと知恵を出し合ってああでもないこうでもない

と言いながら発売にこぎつけている事を想像すると

楽しい仕事もあるものだとうらやましく?思ったりします

特にブラキオサウルスの骨格モデルはよく出来ています

またWカップサッカーが私の予想通りの結果になってあっけなく

終わってしまいました

ドイツ製品はいつも身近にあって、かつては愛車はメルセデスでしたし

万年筆もペリカンです

なのになぜドイツのサッカーが嫌いなのかをよくよく考えてみると

いつの時代もドイツは勝つことだけにこだわりすぎて遊び心が足りないせいでは

ないかと思います

もともとスポーツは遊びから始まり、決して勝利だけが目的では

なかったはずです

それがいつの間にか勝利至上主義になってしまった

このままドイツの勝利が続くといつか

サッカーそのものがすたれてしまうかもしれませんね

ドイツのサッカーには美しく勝つというダンディズムが無い

それがどんなに勝とうと主役になれない理由だと思います

言い過ぎたかもしれませんが子供たちのために第2 第3のペレや

ネイマールが出てきて全体主義のようなドイツのサッカーを打ち破ってくれ

お願いしますよ

未分類コメント(0) »

2014年07月13日
ミズちゃん社保講習会そして情けないブラジル

昨日は総義歯の難しい症例のリカバリーにN1会で知り合った

ミズちゃんが来てくれました

私は阿部先生から総義歯を教わり咬合の与え方や排列の仕方をそれなりに

身に着けてきたつもりです

しかし中には平均値からはずれた患者さんもいるのです

それをどうするのか?

元々のかみ合わせが1級という正常咬合の人は比較的簡単に

吸着させる事が出来るのですが歯が抜ける前にいわゆる受け口だった人や

逆に下顎が後ろに下がった2級の人の総義歯はとても

難しいのです

どこに人工歯を並べるのかまた適切なかみ合わせの高さはどのくらいなのか

を患者さんの顔貌を見ながら決めていきます

ミズちゃんありがとう昨日は大変有意義でした

まだ1症例ですがやり方はわかりました

総義歯はどんな難症例でも治す事ができる

それを確信した1日でした

またその後は溝の口にて講習会を兼ねた同窓会

恩人である安藤先生や懐かしい後輩たちとも再会でき

幸せな一時を過ごす事が出来ました

Wカップサッカーでは応援していたブラジル代表が準決勝 3位決定戦で

合計10失点で惨敗しました

今回のブラジルは最低で攻撃はネイマール一人に依存したひ弱なチームでした

そのせいかドイツ オランダといった欧州の強豪には全く通用せずがっかりしました

監督も2匹目のドジョウを狙うようなスコラーリを起用した時点でいやな予感がしていました

Wカップで2度優勝出来た監督はいません

なぜなら成功した戦略は相手に徹底的に研究されてしまうからです

ブラジルはドイツに学ぶべきです

本来の個人技を生かすには組織戦術を学ばなければ次回のロシア大会も今回以上の

失敗が待ち構えている事でしょう

ジュニア世代からの強化を図らないとダメだと思います

サッカーも仕事も自己分析が出来ていないと結果は出ません それを確信しました

ただ前にも言ったようにドイツの軍隊のようなサッカーは嫌いです

ブラジルに将来ペレのような子供たちに夢を与えられるようなスーパースターが何人も

登場する事を期待しましょう

チアゴ シウバやダビド ルイスといった普通の選手だけでは優勝出来ません

禍転じて福となすがブラジルに起こる事を期待しましょう

未分類コメント(0) »

2014年07月10日
N1回名古屋そしてブラジル惨敗

先週の日曜日は家内と2人でN1会に出席するために

名古屋に行ってきました

内容はスタッフの発表に限定したものでしたが会場の手配から

時間の配分を含めて素晴らしいものでした

忙しい中準備して頂いた山村歯科医院 スマイル歯科 小島歯科室の

院長とスタッフの皆様 素晴らしい催しををありがとうございました

うちもいつかは公の場でスタッフが表彰されるような歯科医院

にしていきたいです

またWカップで地元開催のブラジルがドイツに1対7で惨敗してしまいました

これまでの名声が無になってしまうほどの出来事でした

敗因をネイマールとチアゴ シルバがいなかったせいにしていては

両国の力の差は埋まらないと思います

サッカーは個人技だけではどうにもならない時代に突入したといっても

いいでしょう

スペインのポゼッションサッカーが間違っていたのではなく

より進化させた国がカップを手にするでしょう

私が1番嫌いなドイツが圧勝すると思いますが

ドイツの進化は南米開催の不利や今までのジンクスを吹き飛ばしてしまうほどの

結果をもたらすでしょう

ブラジルは根本から自分たちのサッカーを改革しないとこれからもドイツにやられっぱなし

になる可能性が高いと思います

それ程衝撃的な敗北でした

未分類コメント(0) »

 

▲このページのトップへ

カテゴリー

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


無料歯科健診

無料健診しませんか?


診療日・時間

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

野上歯科 アクセスマップ