2017年05月26日
インプラント

今日私が最も懸念していた

2つのインプラント治療が一段落しました

ひとつはサイナスリフトとソケットリフトを行い

3年がかりで終了まで辿り着いたケースと

皮質骨が硬かったせいでヒ―ティングを起こし

再埋入をした症例です

サイナスリフトを行った症例は上にかぶせる

物の適合が難しく複雑な構造になったため

本当に小さなネジでしめることになり

ネジ山がつぶれてそれをリカバリーするのが

大変でした

もう一つのケースでは

骨が硬いとインプラントは固定しやすいのですが

反面回転数を上げなければならないので

火傷を起こし安くなります

その他にも下歯槽神経との距離にも細心の注意を

払わなければいけないので緊張します

余り高齢になるとインプラント治療を

行うのが難しくなるのは当然なのかもしれません

ただいずれのケースも成功したのでとても

安堵しました

アシスタントしてくれた小玉さんや他の医院スタッフに

心から感謝します

未分類コメント(0) »

2017年05月24日
インプラント

中々投稿できなかったのは

一人の患者さんの治療を成功

させる事で頭が一杯だったからです

幸いな事にネジ切れていた

と思われていたインプラントの

固定ネジは無事でした

ただ今回の顛末で解った事は

些細なことでインプラント治療は

とんでもない事になる可能性があるという事です

誤解してほしくないのは

決してインプラント治療は危険なものではなく

細心の注意を払えば大概のトラブルは

回避できるという事です

ただ我々歯科医はいつもどんな時でも

冷静でなくてはいけません

それが出来なくなった時

はインプラント治療は止めるべきです

未分類コメント(0) »

2017年05月14日
マイケル サンデル

今日偶然BS1を観ていたら

ハーバード大学教授である

マイケル サンデルがトランプ政権の是非を

一般の人達と討論する番組が放映されていました

色々な職業の人々が自由に現政権について

自由に語り合う

ある意味とてもうらやましい

番組でした

日本で安倍政権に対して同じ番組が

作られる事は恐らくないでしょう

何故ならば日本は本当の意味で

民主主義国家ではないし

ある意味では共産主義国家であるからです

このことは一部の有識者の間では

語られてはいても

一般的には無関心です

ある意味共産主義というより

我々日本人の中には全体主義的な考え方が

元々存在するという事実です

だから太平洋戦争を引き起こし

その総括もされてはいない

ある意味危険な国家です

元々我々の中に議論を嫌い

民主主義が根ずかない

根本的な何かがある事を認めない限り

永遠に解決する事はないでしょう

未分類コメント(0) »

2017年05月14日
ゴロフキン対カネロ

先週ラスベガスで行われた試合でサウルアルバレスが

チャベスjrを圧倒して

次戦でいよいよ

ミドル級最強王者のGGGこと

ゲンナジーゴロフキンと対戦することが決まりました

両者の力関係が拮抗し

激戦必至の好カードです

ゴロフキンがやや有利だと思いますが

アルバレスが倒されるのも想像し難く

果たしてどんな結果が待ち受けているのか

今から楽しみです

また私がジャイアンツファンであることは前にも

言いましたが

今年も恐らく優勝できないと思います

何故なら

世代交代が全く進まず

未だに阿部が4番を打っているようでは

来年以降も優勝は無理だと思います

やはり何年かを犠牲にして若手中心に切り替えて

いく覚悟がなければ

高橋由伸では無理でしょう

巨人はフロントも考え方を変えて

スカウトを充実させ

将来の阿部に代わる4番バッターを

探してこなければいけない

または岡本を育成できるコーチを

招聘して

一人前にする方法もあるかと思う

恥をしのんで落合氏に頼むのは無理だろうか?

今の巨人にはそれだけの人材はいないと見る

また外国人のスカウト網iも強化しなければいつまでたっても

同じことの繰り返しです

スター選手をすぐ経験も積ませないで

監督にするなどもってのほかです

原でうまくいったのは彼の監督としての

資質がたまたまあっただけで

監督を育てるシステムもない

改革していかなければならないところが

目白押しなのに優勝候補の1番手に

あげられていた理由がよくわからない

今の情けない成績は当然でしょう

話は変わりますが最近開業以来

長年通院されていた患者さんの訃報を聞きました

いつも明るく私たちに勇気を与えて頂いたNさん

どうもありがとうございました

心からご冥福をお祈りいたします

未分類コメント(0) »

2017年05月11日
GW

GWは7日間のお休みを頂いて

富山の実家に帰省してきました

例の磯寿司をはじめ、蕎麦屋のつるや等

富山の名店の味を堪能してきました

また元祖ブラックラーメンである

大喜の本店にも行きました

ラーメンだけは前の大将の味には

及ばない気がしましたが

磯寿司とつるやに関しては

あまりにも美味しすぎて

富山の飲食店のレベルの高さ

を再確認しました

磯寿司の鮨のうまさは鮨飯の酢の味を

強くしないで魚そのものの

素材の良さを生かした握り方にあります

東京の鮨は私には酢の味が強すぎるような気がします

きっと私が小さい時から食べてきた

感覚が染みついているからでしょう

またイタリア物の紳士服

の名店アルバーノにも寄りました

東京のセレクトショップがどこも

同じようなビジネス寄りの品ぞろえなのに

対して

ここはいかにもイタリアらしい

ジャケットがあるので

楽しみにしています

店長に聞くとやはり地味な

ビジネスライクな物から売れていき

個性的なものが売れ残ってしまうと

言っていました

おしゃれとは何ぞや?

とも思いますが

世の中が着る物も含めてどんどん保守的に

なっていくのは個人的には

良くないと思います

母が高齢になり富山に帰省する

機会はこれからも増えると思いますが

アルバーノや磯寿司やつるやのような

個性的な名店が

いつまでも続いてくれることを

心から願っています

未分類コメント(0) »

 

▲このページのトップへ

カテゴリー

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


無料歯科健診

無料健診しませんか?


診療日・時間

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

野上歯科 アクセスマップ