2017年09月10日
井上そしてロマゴン

井上の本場アメリカでの防衛戦と

元4階級王者ロマゴンのリベンジマッチ

をテレビ観戦しました

井上は見事なテクニカルKO勝ち

相当な力の差がありましたが

相手に試合続行をあきらめさせる程の

威圧感がありました

簡単に防衛したように見えますが

井上以外に誰が

同じようにやれたかというと

山中や内山選手でも無理だったかもしれません

もしかしたら井上選手は歴代でパウンドフォーパウンド日本人最強

かもしれませんね

そしてロマゴンは無残な4RKO負け

今までのダメージの蓄積もあったことでしょうが

ロマゴンのアグレッシブなボクシングスタイルは

ソールンビサイのようなタフで打たれ強い頑強なファイターには

いつか負ける運命にあった

軽いクラスでは通用したが階級を上げるといつか

通用しなくなる

ロマゴンのような攻撃が最大の防御的な選手の

限界が見えた試合であった

来週行われるゴロフキン対カネロのミドル級決戦でも

カネロが真っ向から打ち合うのか

それともジェイコブスのようにディフェンシブに「

戦うのかによって結果が大きく変わる

前者の戦い方だとカネロKO負けもありうると

思います

未分類


コメントをよろしくお願いします

 

▲このページのトップへ

カテゴリー

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


無料歯科健診

無料健診しませんか?


診療日・時間

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

野上歯科 アクセスマップ