2014年08月31日
母子感染について

前回歯妊娠時の歯科治療について

お話させて頂きましたが

今回は私が母子教室で話してきた内容についてわかりやすく

お話していきたいと思います

皆さんは虫歯の原因菌であるミュータンス菌が親から子へと移ることは

知っていますよね

主にいつも一緒にいる母親から感染する事が多く

母親から移る可能性は70%だと言われて

います

ミュータンス菌は固いものにくっつく性質があり歯が生えてこないと

定着しません

生後1.5歳から2.5歳までの丁度乳歯が生えそろう時期に合わせて

親から移ると定着してしまうのです

この時期の事を感染の窓と言います

フィンランドでは子供だけの予防をしてもなかなか虫歯の数は減りませんでした

そこで親も予防する事になっていったのです

今では世界で1~2位を争うくらい虫歯の少ない国になりましたが

日本との違いは生涯に残っている歯の数です

スウェーデンやフィンランドは80歳で20本以上残っているのに対して

日本は悲しい事に8本前後しか残っていないのが現実なのです

なぜ物があふれる先進国である日本の現状がこんなことになっているかというと

小学校までは比較的に虫歯が少なくなっているにも拘わらず

中学校以降大人になるまで歯を予防する習慣がないことです

歯の定期審査に通う率がフィンランドでは80%なのに対して日本では

20%以下です

これではごく限られた人を除いて殆どの人が入歯になってしまいます

確かに予防がフィンランド並みに行き届いてしまうと歯科医師数は

今の5分の1程度で済んでしまうため中々難しい側面もあるのですが

世の中は常に変化していきます

例え5分の1になったとしても仕方がないと思います

私はフィンランドに直接行って現場の状況をこの目で見てこなければ

ここまで考える事はなかったかもしれません

一度見たものはなかったことにはできません

例え治療になったとしても予防ができていないととどんなことになるのか

想像がつくでしょう

歯科医師は考え方ひとつで社会貢献のできる素晴らしい仕事です

是非母子感染を防ぐ意味でも家族ぐるみで予防をしましょう

未分類


コメントをよろしくお願いします

 

▲このページのトップへ

カテゴリー

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


無料歯科健診

無料健診しませんか?


診療日・時間

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

野上歯科 アクセスマップ