2016年04月11日
パッキャオ ラスト ファイト

昨日ラスベガスで行われたマニーパッキャオvsティモシーブラッドリー

の試合を観戦しました

一言でいうと引退してしまうのが惜しいほどパッキャオの出来はよかった

最初に奪ったダウンはラッキーでしたが二度目のダウンは左のショートアッパーをカウンターで合わせたもので

全盛期にコットをダウンさせたパンチを彷彿させるものでした

ブラッドレーも歴戦の強者らしく右のカウンター狙いの前半がうまくいかないと

みるや積極的に打って出る作戦に変えたりさすがと思わせる局面もありました

しかしパッキャオはそれにも柔軟に対応し相撲に例えるならば横綱同士のレベルの高い

激戦を制しました

パッキャオ今までボクシングの醍醐味を堪能させてくれてありがとう

メイウェザーは一度も負けなかったかもしれないがパッキャオ程の感銘をファンに

与える事は出来なかった

パッキャオの素晴らしさは手数の多さとアグレッシブな攻撃力のミックス

マルケスに敗れたあとは慎重になりましたが

メイウェザーのようにごまかして逃げるわけでもなく

最後まで男らしくかっこいいボクシングを貫き通しました

それと全く話題を変えますが最近よく昔の歌を聴きます

私が好きなのは1970年代のモータウンミュージックの代表選手である

マービンゲイです

ホワッツ ゴーイング オンは発売45年を経過しても全く古さを感じさせない

名曲です

アースウィンドアンドファイアーも聞くのですがなぜか古さが目立つのは何故?

マービンゲイはビートルズと同じように常に時代を感じながら政治的なテーマを問いかけてきたからでは

ないのかと思います

歌詞の中にベトナムという言葉は一言も出てこないのに

反戦を押し付けがましくなくさらりと訴える

メロディーも含めて秀逸としか言いようがありません

父親に銃で撃たれて死ななかったらきっと世の中にもっとたくさんの名曲を

生み出したに違いありません

とても残念です

未分類


コメントをよろしくお願いします

 

▲このページのトップへ

カテゴリー

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


無料歯科健診

無料健診しませんか?


診療日・時間

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

野上歯科 アクセスマップ