2017年05月11日
GW

GWは7日間のお休みを頂いて

富山の実家に帰省してきました

例の磯寿司をはじめ、蕎麦屋のつるや等

富山の名店の味を堪能してきました

また元祖ブラックラーメンである

大喜の本店にも行きました

ラーメンだけは前の大将の味には

及ばない気がしましたが

磯寿司とつるやに関しては

あまりにも美味しすぎて

富山の飲食店のレベルの高さ

を再確認しました

磯寿司の鮨のうまさは鮨飯の酢の味を

強くしないで魚そのものの

素材の良さを生かした握り方にあります

東京の鮨は私には酢の味が強すぎるような気がします

きっと私が小さい時から食べてきた

感覚が染みついているからでしょう

またイタリア物の紳士服

の名店アルバーノにも寄りました

東京のセレクトショップがどこも

同じようなビジネス寄りの品ぞろえなのに

対して

ここはいかにもイタリアらしい

ジャケットがあるので

楽しみにしています

店長に聞くとやはり地味な

ビジネスライクな物から売れていき

個性的なものが売れ残ってしまうと

言っていました

おしゃれとは何ぞや?

とも思いますが

世の中が着る物も含めてどんどん保守的に

なっていくのは個人的には

良くないと思います

母が高齢になり富山に帰省する

機会はこれからも増えると思いますが

アルバーノや磯寿司やつるやのような

個性的な名店が

いつまでも続いてくれることを

心から願っています

未分類コメント(0) »

2017年04月16日
母の同窓会

母は今年で89歳になりましたが

至って元気です

木曜日に家内と二人でおしゃれをして

港区のホテルオークラまで

前日から宿泊していた

母を迎えに行きました

卒業時は130人いた同級生も

今では出席できるのは9人だけになりました

なかには30年ぶりに

再会した母の友人もいて

そのあまりの若々しさに驚かされました

母の歳になって友人と旧交を温められるなんて

何と素晴らしいことでしょう

今は改築中のオークラの中華料理店で料理に舌鼓を打ちながら

幸せな時間を過ごしました

未分類コメント(0) »

2017年04月09日
4月

4月に入り

自宅の下のロータリーの桜も満開になりました

いつもこの季節になると思うのですが

この年になってみると若い時には

感じもしなかった

また1年経ってしまったという感覚

自分の置かれている立場や環境が常に

変化し続けているにもかかわらず

いつも若い時と同じでありたいと思う

ことさえ如何に傲慢なことか

きっと人間は思い込みと勘違いで生きている

部分が大きいのでは

とも思います

自分自身の反省の気持ちも込めて

それでも前に向かって進んでいくしかない

今健康には何の問題もないことに感謝しつつ

歯科医師としての人生を全うしたいと思います

ただこの1年ほど人生は流転の連続であると感じた年は

ありませんでした

未分類コメント(0) »

2017年03月19日
ローマンゴンザレスとゴロフキン

4階級制覇のローマン ゴンザレスがついに敗れました

私の採点では2ポイント差でゴンザレスの勝ちでしたが

初回のまともにもらってはいないダウンと

バッティングによる出血のイメージが最後まで尾を引いたのかもしれない

ただ下のクラスほどパンチが相手には効かない

効かせることはある程度出来ても致命的なダメージを与えられない

元々攻撃が最大の防御的な選手なためいずれ階級を上げていくと

今日のような結果になることは目に見えていたのかもしれない

防御がもっとしっかりしていれば結果は違っていたかもしれないが

それではゴンザレスの攻撃型のボクシングが死んでしまう

これから先は相当厳しい戦いになると思われます

ゴンザレスの最後は近いのかもしれない

それにしてもタイのはソールビンサイは見事でした

真っ向から打ち合ってゴンザレスに深いダメージを与えた

またゴロフキンは戦前の予想に反して辛くも判定で防衛しました

4回に右のフック2連打でダウンを与え

9回には右アッパーでジェイコブスをフラフラにさせましたが

KOすることが出来ませんでした

今までの挑戦者の中ではジェイコブスが1番強かったとは思いますが

サウスポーに構えてゴロフキンの強打を封じる作戦は

ある程度はうまくいったと思うが

本来攻撃的な選手であるはずのジェイコブスが自分本来のボクシングではない

スタイルで勝てるはずもない

ゴロフキンを研究した結果ああいう結論を出したとは思うが

相手をリスペクトするのと怖がるのは違うことだと思う

善戦はしたががっかりした

例えKO負けしたとしても真っ向からゴロフキンにぶつかってもらいたかった

未分類コメント(0) »

2017年03月09日
ゴロフキン

今月の18日 日本時間では19日、アメリカのニューヨークのマディソンスクエアーガーデンで

世界ミドル級の王座統一戦が行われます

ゲンナディ―ゴロフキン対ダニエルジェイコブスの現時点でのミドル級最高のカードです

私の予想はゴロフキンの終盤でのKO勝ちです

両方ともすさまじい攻撃力を持ち先に当てた方が勝つと思われますが

打たれ強さと攻撃の幅の広さはゴロフキンの方が数段上と考えられ

ゴロフキンのパンチが早い回からジェイコブスを捉えるようであれば

意外にあっけない勝負になることも考えられます

過去を遡ってみても

パッキャオ対ハットン

マルケス対パッキャオ

古い対戦カードでは

ゴメス対サラテ

サンチェス対ゴメス等

強者同士の戦いは意外と早い回で

決着がつくことも多いのです

私はゴロフキンのファンなので

今年中にはソウルアルバレスにも

引導を渡してもらいたいものです

今まで強い者同士の戦いは

未分類コメント(0) »

2017年03月09日
草間彌生展

今、六本木の国立新美術館で日本を

代表する前衛芸術家である

草間彌生の展覧会が開かれています

誰にも似ていない作風は日本人離れしています

以前はあまり好きではなかったのですが

以前に日曜美術館で取り上げられてからあの独特の水玉の絵に

興味を持つようになりました

その後金沢近代美術館で幾つかの作品を見てませます好きになりました

時間を作って見に行きたいと思います

私の好きな画家はマティスとピカソ

マティスはジャズシリーズが特に好きです

又ピカソは青の時代のものもアビ二ヨンの娘たちも好きですし

ゲルニカや泣く女シリーズにも興味を惹かれます

また片岡珠子も好きな画家です

未分類コメント(0) »

2017年02月26日
不景気

政府は色々不景気対策を練ってはいるようですが

久々に原宿のビームス発祥の地であるビームスFへ行ってみても

景気が上向いているとは思えませんでした

いつもなら春夏物が出そろっているはずなのですが

今はネットで安く買ってしまう時代なので

実店舗で買う人は稀なのかも

欲しいものがあってもなるべく安く手にいれたい

これが続けば決して景気が上向くこと等あり得ません

グローバルスタンダードは中間業者をふっ飛ばして

消費者と直接繋がっていない人達の仕事を奪いました

トランプはそれを元に戻そうとしてはいますが

賃金が大幅に上がらない限り無理です

今の時代は削れるものは人件費しかないのです

それほど競争が激化している

歯科業界がいくら厳しいとは言っても

一般の小売業の厳しさに比べると

たかが知れていることを実感しました

未分類コメント(0) »

2017年02月02日
ファッション

私がメンズファッションに興味があるのは

母親の影響が大きかったと思います

若い時の母はおしゃれな人でした

私はコンプレックスの裏返しなどではなく単純に美しく

装うことへのあこがれが強いのだと思います

イタリア 特にナポリの服は美しい

女性受けするようないかにもイタリアらしい美しい色の生地

柔らかい肩パッドの入っていないシャツのような仕立てのジャケット

日本で作るとどうしてもビジネスライクになってしまうものが

彼らが作ると決してそうはならない

ナポリの人にしかできないセンスなのでしょう

高くて中々買えないのですが

ナポリを代表するブランドである

イザイアやアットリーニには

真似のできない色気があります。

私も彼らのように

真似のできない歯科医になりたいものです

未分類コメント(0) »

2017年02月02日

流行

未分類コメント(0) »

2017年01月22日
トランプ

まさかまさかの展開でトランプ氏が大統領に選ばれた

その就任演説から伺えるものは

強いアメリカの復活、他国に奪われた利益を取り戻す等

解りやすい言葉で語られ

まるで映画のワンシーンのようだった

ところが現実社会はどうだろう?

私は一市民として見て登場から就任まで

うさん臭さを常に感じた

保護貿易主義で低所得層を救う?

とんでもないことだと思う

工場から追い出された人間を救うために

会社が価格面で競争力を失ってしまう

もともとアメリカは人件費が高い

問題は高くても売れる商品を作り出せないアメリカ製品自体にあると思う

メルセデスやトヨタはスタイルが違うにせよ成功している

車に限って言えばGMにもフォードにも車自体に魅力がないのだと思う

研究が足りないというかアメリカ市場しか見ていないというか

国際競争力がないのが問題なのである

一大統領が頑張ってどうかなる問題ではない

中国を敵視しても彼らの強みは安い人件費から得られる製品の安さであり

アメリカ自身もかつてそうであったという事実を全く忘れてしまっている

私は断定はできないが、時計の針を元に戻せないように

もしトランプ氏が1950年代のアメリカ全盛時代の再現

を望んでいるようなら時代錯誤も甚だしい

グローバル経済のもとでは中国でさえいつ今の立場を奪われるのか解らないのだ

懐古主義や不動産経営のノウハウだけではアメリカを立て直すのは無理だと思う

未分類コメント(0) »

« 前の記事   新しい記事 »

▲このページのトップへ

カテゴリー

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


無料歯科健診

無料健診しませんか?


診療日・時間

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

野上歯科 アクセスマップ