歯周病とは?

歯周病は放置しておくと全身疾患を引き起こす引き金にもなりかねない病気です。また、歯を失う原因の大きな要因となっています。

 

「サイレント・アーミー」〜沈黙の病気〜と呼ばれる歯周病。

歯肉炎と歯周炎をあわせた歯周病には35〜45歳で80%、45〜55歳で88%の人がかかっているとの報告があります
また歯肉からの出血、口臭、歯のグラグラ、歯肉の腫れ、これら全ての症状は歯周病の予備軍となりえます。
歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯肉に炎症がおきた状態を『歯肉炎』、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を『歯周炎』といいます。
また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

 

『歯周病の治療』

歯周病のもっとも基本的な治療法は、プラークコントロールです。
病原性プラークを除去し、口の中のプラークを正常なレベルに維持し、無害な細菌グループが支配的になる環境を整えることが重要です。
そのために通常、歯垢や歯石の除去とブラッシングの指導が行われます。
当医院ではプラークコントロール等に加え、最新型の位相差顕微鏡とコンピューターシステムを用いて口腔内の細菌の状態の検査をしながら、特殊な薬を使った治療に取り組ませていただきます。

 

無料メール相談

※診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、神奈川県・東京都近隣の方以外はご遠慮下さい

無料メール相談フォーム
お名前: ※必須
性別: 女性  男性
年齢:
メールアドレス: ※必須
電話番号:  
ご相談内容:
(ご相談内容をお知らせ下さい)
※必須
ホームページ公開:
(ご相談内容をホームページでご紹介しても構わないですか?)
構わない

▲このページのトップへ

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


診療日・時間

野上歯科 アクセスマップ

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。