2018年02月25日
オーガニックな暮らし

2月25日


こんにちは!南武線平間駅前野上歯科医院の野上恵子です。

今年は、本当に冷え込みが厳しい日が続きましたね。

この時期、朝食やデザートにミカンや柑橘系のものをよく食べます。

その川をベランダで数日干して入浴時に湯船に入れると香りも楽しめて体も温まります。

風呂好きの私のささやかな冬の楽しみです。

皆様も試してみてください。

日記コメント(0) »

2018年02月25日
ポイック研究会認定 ホームケアアドバイザーを目指して

2月25日 


今我々野上歯科医院は、今までよりもさらにさらに安心安全な医療環境をご提供できる診療室を整える準備をしています。

昨年秋に電気分解除菌水を作る機械を入れ治療前、予防前にその水でのぶくぶくうがいをルーティン化しております。

このお水でお口の中のタンパク汚れを瞬時に取り除き、一緒にお口の中の細菌も取り除きます。

歯科医院でのスケーリングや予防処置、外科治療後にお熱が出たり菌血症になったり、献血は数日間お断りなどと言われたことはありませんか?

歯科医院では、あらゆる場面で水を使います。

他の診療科目と大きく違うのがここでしょう。

3月初めには、診療ユニット内にエコのお水を流すシステムを導入いたします。

このエコのお水のラインが入ることで確実な院内感染対策がとれる歯科医院に生まれ変われます。

がん治療や内科の疾患をあせて免疫力が弱くなった方々も、妊娠中のデリーケートな患者様もさらにすべての患者様が安心安全な環境で治療や予防を受けていただける歯科医院に進化します。

それに伴い、私たち野上歯科医院は、これらの水を使いお口からの健康や数年後にはなるべく削らない、麻酔を使わない、神経を取らない治療や予防がご提供できる診療室を目指し今勉強中です。

ポイック研究会が推奨するホームケアアドバイザーの資格を取り、患者様お一人お一人にあった口腔感染予防方法をご指導を今までよりもさらにレベルアップできるようにあるために勉強中

日記コメント(0) »

2018年02月25日
離乳食後期のお話

2月18日 日曜日


おはようございます。 南武線平間駅前 野上歯科医院 野上恵子です。

2月18日の日曜日は,埼玉県大宮市宮原のホワイト歯科クリニックで行われた医療従事者向け体験型離乳食講座

アドバンス編(離乳食から幼児食移行時期の正しいステップアップを知る

に参加してきました。

日々、乳幼児の食育がいかに大切かを学び診療室や母子教室でお話しさせていただいていいます。

離乳食を食べる食べない?

どう進めたらよいかわからない。

子育ての中で離乳食でお悩みを抱えているお母さまがとても多く感じます。

20数年前の私もその一人でした。

体の成長や歯の生え具合によって私たち歯科界の人間や親は正しい知識のを知り、離乳食の進め方は根気強く慎重にあたらなければいけません。

私が教わっているホワイト歯科クリニック。、ママキッズカフェでは如何に咀嚼を促し、咀嚼がしっかりできる子にするかを

とてもこだわり大切にしてます。

今回も一般的に離乳食から幼児食に移行する間

ちょうど1歳5ヵ月から7ヵ月頃に第1乳臼歯が生える頃にプレ離乳食を挟むことが大切だと教えていただきました。

この時期、今までの柔らかい離乳食を突然、嫌がるようになり食べなくなることがあります。

それは第一大臼歯放出にともない歯ごたえのあるものも欲しがるようになります。

月齢ではなく一人一人の歯の生え具合や噛む力や体や精神の発達を見極めることが本当に大切になります。

この日は、

●噛み応えとは?

●咀嚼を促す調理の工夫例(野菜の繊維を断ち切る切り方)

●咀嚼を促す食べ方の練習

●白いご飯がなぜ必要か?

●口の中で丸めて咀嚼する力をつけるために軟飯を食べさせる大切さ。

●軟飯の作り方などなど

●この時期に野菜には、お出汁をたっぷりと一緒にだす。

●とろみをつける工夫

●実際にカフェで出されるプレ離乳食と離乳食の違いを手に取り、手づかみで食べ、食感や噛み応えや味付けのいみを一つ一つ
教えていただきました。

3歳までに噛めるお口を作る大切さを伝えるうえでプレ離乳食のステップを入れることの大切さをまた、診療室や母子教室でお伝えしていきたいです。

日記コメント(0) »

2018年02月04日
歯周内科療法

2月4日 ☀

みなさまこんにちは!南武線平間駅前 野上歯科医院の野上恵子です。

2000年フィンランドへのむし歯予防の研修参加を機会に診療室を予防中心に変えて18年の歳月が経ちました。

むし歯のない健康な子供達が予防に、又大人の方たちの中でも治療が終わり健康な状態を保つために検診や予防に通院される方も定着しました。

昨年からは、歯周病に悩まれる方に痛みのないお薬を使っての歯周内科治療に
も力を入れるようになりました。

1ヶ月半集中して通っていただき費用もかかりますが、歯ぐきの腫れもなくなり
出血や口臭もなくなり健康な口腔内を取り戻された患者様から喜びと感謝の言葉をかけていただくことが多くなっております。

歯周病は、恐ろしい病気です。

放置すると歯を支える歯槽骨がなくなり歯を失うだけでなく歯ぐきの中の毛細血管から全身に絶えず歯周病菌が回り、糖尿病、高血圧、脳梗塞、心疾患を引き起こしたり影響をおよぼす怖い病気です。

歯ぐきから出血する。

歯ぐきが腫れている。

口臭がある。

歯が長くなった。などなどの症状がある方は、一人で悩まずご相談ください。

お一人お一人の症状にあった治療法をご提示して健康な口腔内を取り戻すお手伝いをさせてください。

日記コメント(0) »

2018年02月04日
新じゃが芋

2月4日

我が家の主人の大好物は、いろいろありますが新じゃがの皮つきいもの煮つけも
その一つです。

最近、八百屋さんの店頭に皮つき新じゃがが並びますね。

鰹節と昆布でしっかり出汁を取りお醤油とみりん 日本酒で味付けしコトコト炊いた一品です。

アツアツも美味しいですが、冷めてお弁当の一品にもなります。

南武線平間駅前 野上歯科医院 野上恵子でした。

日記コメント(0) »

2018年02月04日
体に優しい生活

2月5日 ☀ 日曜日

久しぶりに冷え込みが和らぎましたね。

日曜日や木曜日の休診日は、主人と愛犬ましろを連れて多摩川の土手をお散歩に出かけます。

今日も行ってきました。

気温が少し高くなりお天気も良かったからでしょうか?

大勢の人がウオーキングやランニングを楽しんでいました。

土手の桜もつぼみを確実に膨らませていました。

どこのご家庭でも健康でいるために日常の生活の中で運動や食事、様々な工夫をされていると思いますが我が家では、食事やその素材には気を使っています。

野菜や調味料は無農薬であるものを選び、お米も発芽玄米や麦を混ぜたり雑穀を混ぜて炊いてます。

休みの日には数種類のお惣菜を作り置きしてお弁当を持っていくようにもしています。

出来る限りではありますが。

自宅ベランダ―はよく日差しが当たります。

今年は、ベビーリーフやハーブを育てています。

食べたミカンやかんきつ類の皮は干して入浴剤としてつかいます。

冷えた体を温め香りを楽しむことができ疲れをとってくれますね・

体に気を配りお仕事も家庭生活楽しみ、来院される皆様にお口からの健康や
体に良い情報、知識を発信し続けられる診療室でありたいと思います。

南武線 平間駅前 野上歯科医院 野上恵子

日記コメント(0) »

2018年02月04日
電気分解除菌水

2月4日(日) ☀ 

今年は冷え込みの厳しい日が続き、近隣ではインフルエンザや胃腸炎、風邪にかかったり冷えにより全身に痛みを覚えたり、転倒により怪我をされている方も多いですね。

しかし野上歯科医院は、院長もわたくしもスタッフさんも今年は誰一人今のところ風邪をひいたりインフルにかかったり体調を崩す人はいません。

全員、元気いっぱい!病気知らずであります。

昨年10月に導入した電気分解水による朝晩のうがい,洗口のお陰でしょうか?

職場のスタッフさんが皆 健康である言うことは本当にありがたいことです。

また、昨年から導入したこの電気分解除菌水が確実に予防、治療、特に歯周病治療に通院されているさまざまな患者様に受け入れられホームケアのツールとして使っていただいている手ごたえを感じています。

それは、

お水のお替りやペリオバスター、ご自身の歯ブラシの替えをお買い上げのために
診療室を訪ねてくださる患者様が日々増えていることからも感じます。

野上歯科医院は、今後すべての治療、予防を受けらる患者様に最善の医療行う環境をさらに進め、安心して通院していただく診療室になる改革を行っていきます。

南武線平間駅前 野上歯科医院 野上恵子でした。

日記コメント(0) »

2018年01月21日
医院見学

水曜日は全員で横浜のとある

歯科医院に見学に行ってきました

感想はすごいというか

何と説明してよいか

私を含めて他の歯科医院とは

全く違う事をしている

まずは研磨以外で全くタービンを使わない

レーザーを駆使してむし歯になった

部分を徹底的に除菌して歯質強化

をした上でドックベストセメント

というアメリカで開発された

歯質を除菌できるセメントを詰めます

そのあと最新型のレジンを詰めて終わりです

通常の歯科医院のように

取れてこないようにするために

健康な部分を削ったりはしない

予防歯科の究極の治療法だと思います

保険で銀歯を入れることで

どれだけ患者さんの健康な歯を傷つけてきたことか

ただこの治療は高価なレーザーがないとうまくいきません

また除菌水を併用しないと効果が出ない

また治療も一切保険が効きません

このレーザーは歯質強化ができるため

フッ素が効きにくい大人をむし歯に

しにくくすることも

可能です

今までの虫歯治療は一体何だったのか

これからの歯科治療を予見させる素晴らしい

医院見学でした

いち早く導入できるように努力します

日記コメント(0) »

2018年01月14日
電気分解除菌水の勉強会へ参加してきました。

1月14日 ☀

ここ数日厳しい寒さが続きますが皆さま、風邪などひいていらっしゃいませんか?

昨日の土曜日は、午後から休診にさせていただき富岡八幡宮近くで電気分解除菌水を用いた予防法を学んできました。

治療法も予防法も日々進化していると言われますが昨日の講習会は本当に勉強になりました。

むし歯の予防も歯周病治療予防もいかに口腔内を清潔に保つか?

バイオフィルムの膜を取り除けるかが非常に重要です。

電気分解除菌水を使った予防は、お塩と精製水で作られたこともあり安心安全です。

早く簡単に除菌やタンパク分解ができるためお手軽に患者様にお使いいただくことができます。

日々のホームケア―にきちんと除菌水を使っての予防の大切さを医院全体で説明できるように今後も

勉強を強化していきたいです。

医院全体で動けたことはよかったです。

今年は、歯周病治療法と予防法、また子供の食育の大切さをさらに知識を深めていきます。

南武線 平間駅前 野上歯科医院 野上恵子

日記コメント(0) »

2018年01月04日
お正月

1月4日

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

年末の29日から3日まで郷里の富山県へ帰省しました。

久しぶりに娘たちも全員揃い両家に戻れたので良かったです。

地元では、親せきや従妹たちともお正月のお料理を囲み互いの近況を語り合いました。

職種も立場も皆違いますが、それぞれが頑張って生きていることがわかりました。

それが嬉しい。

故郷は本当によいものです。

心もお腹もいっぱいになり昨日、豪雪地帯の新潟を超え東京に帰りました。

明日から、頑張ります。

南武線 平間駅前 野上歯科医院 野上恵子

日記コメント(0) »

« 前の記事  

▲このページのトップへ

カテゴリー

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


無料歯科健診

無料健診しませんか?


診療日・時間

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

野上歯科 アクセスマップ