2017年03月31日
お誕生日

3月31日

先日の土曜日に主人の母が我が家に遊びに来ました。

3月21日に89歳のお誕生日を迎えた母を家族でお祝いしました。

父が亡くなって今は、富山の家で一人暮らしいます。

若い頃から歩くことを心がけていた母は、足が強くどこにでも徒歩で出かけているようです。

自分のペースを守りくよくよせずに生きていることが長生きの秘訣でしょうか?

みんなでお祝いした誕生会を喜んでくれました。

日記コメント(0) »

2017年03月31日
桜が咲きました

3月28日

こんにちは! 野上歯科医院の野上恵子です。

今年も桜の季節がやってきました。

私が住んでいるマンションの中庭の桜が昨日から少しづつ咲き始めました。

毎年、中庭の桜は多摩川べりの古い桜よりは一週間から十日ぐらい早く咲きます。

木が若いからでしょうか?

どこかのお休みの日に今年はお弁当でも作りお花見してみようかと考えています。

日記コメント(0) »

2017年03月17日
一人で診察台に座れる子が多くなりました。

3月17日(☀)


こんにちは!最近うれしいことが多い野上歯科医院の近況をお伝えします。

今まで一人で、診察台に座れなかった子が一人で診察台に座り予防ができたおこさん!

むし歯の経過観察私的な子が、痛みがでて抜髄をしなければいけなくなった。
そのお子さまが院長との約束を守り大きなお口を開けて麻酔、抜髄、すべてできました。

また、あるお子さまも大変難しい治療を頑張れた。

幼いお子様,そのご両親と院長、野上歯科医院のスタッフさんとの信頼関係の成立。

嬉しい場面です。

また、この春入園、入学を迎える子供たち。

幼稚園の頃から矯正治療をしていたお子さまが、大学生になる前や就職をする前にメインテナンスとご挨拶に来てくれるお子さま。

時には厳しいこともありますが、長くやっているとご家庭と共にお子様の成長を見届けられる素晴らしいお仕事につけて幸せな私達です。

南武線 平間駅前 野上歯科医院 野上恵子

日記コメント(0) »

2017年03月17日
わらべうたベビーマッサージ・歯のお話会

3月17日

こんにちは!土手の桜のつぼみも大分膨らんできました。

三寒四温を繰り返しながらも確実に春がそこまで来ています。

先日、刈宿地区の子育て支援主催の母子教室でむし歯予防のお話をしてきた際に最後にご質問をうけました。

そのほとんどが一歳を過ぎたママから

<内容>
●仕上げ歯ブラシをしたいんだけども子供が歯ブラシを嫌がり口を開けないのでどうしたらよいか?

今後もこの内容のお悩みに確信をもってお答えしたいと今回、埼玉県みやはらのホワイトクリニックで行われた
わらべ歌ベビーマッサージと衛生士安齋さんとのジョイント講習会に参加してその答えがはっきりしました。

歯ブラシ嫌いにさせないポイントは、

生後間もない頃からのスキンシップが大切です。特にお口周りや口腔内に触っても嫌がらないためには

赤ちゃんの機嫌がよい時間にご両親が一日に何度となくタッチングを兼ねて顔、頭、口周り、口腔内を触る

この時、歌やごっこ遊びを加えるとなおよい

楽しくやるが基本!!!

また、少し大きくなってもうお口を開けないお子様も歯ブラシごっこをしたり、鏡を使い歯が何本あるか?数える事や
出来たらうんと褒めて毎日の楽しい歯ブラシタイムに心がける。

また、歯が生えてきたら歯ブラシを使うこともポイント!歯ブラシナップを使っても歯の汚れは落ちない。

いずれ使うなら早い時期から歯固めの時期からけがに注意しながらブラシを使う方が効果的である。

等も習いました。

今回の講習を通じて再確認できたことは、母子一体型での産後検診の重要性です。

産後三か月ごろからお母様の口腔内の検診、むし歯があれば治療を済ませ、除石、クリーニングをすましお子様へは、お口周りへのタッチングの

指導も早ければ早いほど良いことが分かりました。

なじみの童謡やわらべ歌に合わせた赤ちゃんマッサージとても勉強になりました。

これから始まる野上歯科医院の母子教室、子育て支援での歯の予防の会、日々の診療室でより確実にお母さま方に

伝える自信がつきました。

南武線 平間駅前 野上歯科医院 野上恵子

日記コメント(0) »

2017年03月10日
上平間おしゃべりカフェに参加してきました。

3月10日(☀)

皆さま、こんにちは! 今日は、患者様のママのお一人が中心になって活動されているママさんの会上平間おしゃべりカフェへ参加してきました。

ママたちと地域社会をつなぐ会から防災の専門家宮丸さんや川崎市の防災担当の職員の方もお見えになって幼稚園、小学校の子を持つ地域のママたちにお話していただきました。

お題は、

『災害時の備えについて』、

その後楽しく防災ピクニックをしながら平間公園周辺をママたちと歩きました。

歩きながら宮丸さんから災害後子供と歩くときの注意点や危険な箇所を教えていただいたり、上平間地区の応急給水拠点の場所を確認しました。

恥ずかしい話ですが私自身、わが子と防災ピクニックをした経験はありません。

難しく考えるのではなく、時間がある時にお母さんとお子様が通学路や習い事までの道のりを災害時に備えて歩いてみるといざというときに

子どもたちが自分で動けることを学びました。

携帯電話に加え、子どもに公衆電話を使えるように日ごろから練習しておくことが大事なことも教わりました。

お昼近くは、平間公園の中庭にブルーシートを引いて災害時に備えるグッスを確認し、非常食をいくつか試食しました。

<ポイント>

①基本的に一人ずつのリュックを準備する。

②そのリュックの中に入れるもの
・軍手
・ゴミ袋何枚か 大サイズ
・ハサミ
・ガムテープ
・下着2組
・厚手の靴下2組
・新聞紙
・マジック
・現金(小銭も含めて)
・保健証のコピー
・家族の連絡先のコピー
・水
・非常食(羊羹、チョコ、ウィーダー)
、携帯電話
・携帯電話の充電器 十分な電池
・ポンチョ(女性は着替えやプライバシーを守るために)
・ダウンのハーフケット。2枚
・タオル
・スプーン、フォーク、缶切り、ライター
・ろうそくや首からつる明かり
・生理用品、
・トイレットペーパー
・コブクロ
・常備薬、傷ばんそうこう、消毒材
・ユニクロなどのダウン
・簡易枕
・子どものリュックには、おもちゃ(ミニカー、ぬいぐるみ、毛糸)
・シリコン鍋つかみ
などなど・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、非常食の試食もしました。
●わかめご飯 

●竹の子ご飯

●クッキー

●卵スープ

などを頂きました。

*この機会に家族の中で災害が起こった時にどこに最終的に集まるか決めておく。

*災害用伝言ダイヤルの使い方つかう。
第一に家族間で安否確認を伝える電話番号を一つ決める。

災害、特に地震はいつ来るかわかりません。

家族内だけでなく職場内で災害が起こった時に患者様を安全に避難していただきスタッフさんを無事に自宅まで帰宅してもらう

義務があります。

そんな意味でも今日は意味深い一日でした。

南武線平間駅前 野上歯科医院 野上恵子

各地区にこのような会が出来て活動されているようです。

日記コメント(0) »

 

▲このページのトップへ

カテゴリー

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛歯周病でお悩み方、まずはこちらをご覧下さい。


無料歯科健診

無料健診しませんか?


診療日・時間

川崎市 歯科 院長紹介

野上奨衛わくわく院長の

野上奨衛を

ご紹介します。


スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介いたします。皆さんとの相性を確かめてみてください。

野上歯科 アクセスマップ